東京オープン

【結果】第20回 東京オープン ダンススポーツ選手権

2018年2月25日、東京体育館にて開催された第20回東京オープンダンススポーツ選手権の結果です。

WDSF PD スーパーグランプリ・スタンダード

順位リーダーパートナー所属
優勝Benedetto Ferruggia(ベネデット・フェルッジア)Claudia Koehler(クラウディア・ケーラー)ドイツ
準優勝Donatas Vezelis(ドナータス・ヴェゼリス)Lina Chatkeviciute(リナ・チャッケヴィシウテ)リトアニア
3位Bjorn Bitsch(ビヨルン・ビッチュ)Ashli Williamson(アシュリ・ウィリアムソン)デンマーク
4位Andrey Motyl(アンドレイ・モティル)Ekaterina Kim(エカテリーナ・キム)ロシア
5位Andrzej Sadecki(アンジェイ・サデッキ)Karina Nawrot(カリナ・ナウロ)ポーランド
6位Victor Presnetsov(ヴィクター・プレスネツォフ)Vera Nam(ヴェラ・ナム)ロシア

準決勝にオレクシー・グザー&太田吏圭子組(11位)が、準々決勝に山本武志・木嶋友美組(14位)、久保田弓椰・徳野夏海組(16位)、山嵜圭太・石本美奈子組(21位)が入りました!

東京オープン WDSF PDスタンダード

WDSF ワールドオープン・スタンダード

順位リーダーパートナー所属
優勝Evaldas Sodeika(エヴェルダス・ソデイカ)Ieva Zukauskaite(イエヴァ・ズコウスケイト)リトアニア
準優勝Francesco Galuppo(フランチェスコ・ガルッポ)Debora Pacini(デボラ・パチーニ)イタリア
3位Madis Abel(マディス・アベル)Aleksandra Galkina(アレクサンドラ・ガルキナ)エストニア
4位Mateusz Brzozowski(マテウス・ブルゾゾウスキー)Justyna Mozdzonek(ユスティナ・モッゾネク)ポーランド
5位Edgars Linis(エドガース・リニス)Eliza Ancane(エリザ・アンカーネ)ラトビア
6位Marco Sirocchi(マルコ・シロッキ)Dora Kilin(ドーラ・キリン)ルーマニア

準々決勝に、菅原一樹・ラウラ・コラビッツァ 組(14位)、小嶋みなと・盛田めぐみ 組(16位)、八谷和樹・皆川円 組(18位)、大西大晶・大西咲菜 組(20位)、山田恭平・秋山沙織 組(22位)が入りました!

東京オープン WDSF ワールドオープン スタンダード

WDSF インターナショナルオープン・ラテン

順位リーダーパートナー所属
優勝Guillem Pasqual(ギエム・パスクエル)Rosa Carne(ロサ・カルネ)スペイン
準優勝Umberto Gaudino(ウンベルト・ガウディーノ)Louise Heise(ルイーゼ・ハイゼ)デンマーク
3位Konstantin Gorodilov(コンスタンティン・ゴロディロフ)Dominika Bergmanova(ドミニカ・ベルグマノーワ)エストニア
4位Vito Coppola(ヴィト・コッポラ)Oona Oinas(ウーナ・オイナス)イタリア
5位Victor Bychkov(ヴィクター・ビチコフ)Alina Atamanchuk(アリーナ・アタマンチェク)ロシア
6位藤井 創太(フジイ・ソウタ)吉川 あみ(ヨシカワ・アミ)日本

準々決勝に、八谷和樹・皆川円 組(13位)、大西大晶・大西咲菜 組(14位)、菅原一樹・ラウラ・コラビッツァ 組(16位)、海老原拳人・タカギルナ 組(18位)、大久保稔也・吉村春香 組(20位)、鈴木奨太・鈴木千尋 組(22位)が入りました!

東京オープン WDSF インターナショナルオープン ラテン

U-23 スタンダード

順位リーダーパートナー所属
優勝石垣 和宏三喜 穂菜美ブルボンDST
準優勝守屋 駿土屋 舞姫東海大学
3位太田 歩生太田 なごみ北海道
4位浜崎 裕章吉田 早希東京理科大学
5位安部 邦斗安部 美咲千葉県
6位中野 颯斗髙橋 美樹東京大学

U-23 ラテン

順位リーダーパートナー所属
優勝Matteo CapodacquaMiriana Antonelliイタリア
準優勝石垣 和宏三喜 穂菜美ブルボンDST
3位和田 英樹大西 妙佳慶応義塾大学
4位太田 歩生太田 なごみ北海道
5位泰永 圭吾牧野 果礼群馬県
6位安部 邦斗安部 美咲千葉県

感想

PDスーパーグランプリ スタンダードは、ベネデットがまさに動く教科書といった感じでした。他の選手も含めて、全体のレベルが明らかに高くて、予選突破のハードルはかなり高い感じです。日本のPDの先生は大変だ!

ワールドオープンオープン スタンダードは、注目のソデイカ組を予選から見ていましたが、ホールドが綺麗で(←当たり前か)すばらしかったですね~。3位のアベル組の踊りはダイナミックでとても惹かれました。

インターナショナルオープン ラテンは、なんといっても藤井組でした。でも、準々決勝の八谷組もすばしかったと思うんですよね。とても目立ってました。去年と同じ13位、準決勝まであと一歩でした。チェック表を後でみると、最初のサンバであまりチェックを取れなかったのが、準決勝を逃した要因のようです。

今年も面白かったです。やはり生で観戦すると良いです。来年2019年は、3月10日に駒沢体育館で開催だそうで、楽しみです。東京体育館と違ってキャパがないので、チケット争奪戦ですね。

Written by Maeda

友だち追加
最新情報を配信中!

サークル体験申込みはこちら!